子どもとお出かけ【びわこ地球市民の森】は充実の遊具と広大な広場

子どもとお出かけ【びわこ地球市民の森】は充実の遊具と広大な広場

滋賀県の守山市にあるびわこ地球市民の森・森づくりセンターには大きな複合遊具が設置されています。

大きなローラーすべり台から小さい子向けの小型遊具まで揃っているので、この場所ひとつで幼児から小学生まで遊び尽くせる公演になっていて、自転車の練習もできるような道もあるのでとってもオススメです。

南の「矢橋帰帆島公園」、北の「滋賀県立びわ湖こどもの国」、そしてそのちょうど真ん中「びわこ地球市民の森」。滋賀には大きくて充実した公園が多数点在していて本当にありがたいです。

びわこ地球市民の森公園について

びわこ地球市民の森・森づくりセンターは、滋賀県の守山市にある施設で、その広場の中央に大きな複合遊具が鎮座していて周りは広大な広場になっている場所です。

住所:〒524-0102 滋賀県守山市水保町2727

電話番号:077-585-6333

メールアドレス:biwako@moridukuri.info

開園時間:8:30~17:15

休館日:毎週月曜日・年末年始

利用料:無料

駐車場:有 無料



複合遊具はとっても充実

複合遊具は、ぎゅっとまとまっていて親の目も届きやすくそれでいて作りはかなり良くてかなりの量の遊具が引っ付いています。

以前紹介したことのある草津市弾正公園のでかい版です。

大人気の遊具で、朝早めでも休日には結構な人がすでに遊んでいます。

細かく見ていきましょう。

まず目に入る黄色いすべり台。

これは三連になっていてまるでバナナの様なのでバナナすべり台と、勝手に呼んでいます。

大中小と長さがあり、年齢やお子様に合わせて滑り分けることができますね。

横には最近よく目にするアスレチック系遊具。

綱渡りの様に渡っていくもので、三歳児の我が子にはまだ到底手のでない遊びです。

この遊具もよく見ますね。絶対にピッコロの腕をイメージした渡り廊下遊具。

その先には吊り橋があります。

全然揺れないのに我が子はビビって引き返しました。

ちなみに階段もあるのでこちらからも登れます。

中くらいの長さのトンネル滑り台もあります。

 

いちばん手前にはボルダリングもできるスペースがあります。




次は反対面を見ていきます。

こちらにもすべり台。

とてもすべり台に特化した複合遊具。みんなやはりすべり台が好きなんですね。公園の花形なんです。

途中やや急になるのでふわっと感を味わえると好評です。

さらにその奥にはグネグネのトンネルすべり台、大(赤)と特大(白)があります。

この規模のトンネルすべり台はなかなかないので貴重ですね。

いちばんの目玉。

ローラーすべり台もあります。

こちらはグネグネのトンネルすべり台(白)と同じ場所からエントリーできます。順番を待つ場所が同じなので、子どもが直前にどっちを滑るか迷いがちですがやはり一番人気はローラーすべり台。

登ってみると

とても綺麗な景色が見えます。

自然いっぱいで気持ちいいですね。

よく回って勢いも出るので大人でもすべりやすく、またお尻が痛くなりにくいです。これ大事なポイントですね!

またその横のスペースには、

小型のピラミッドジャングルジムがあります。

5メートルクラスのやつでしょうか。これは三歳児でも登りやすく、

てっぺんまで行って降りてきやしません。




幼児向け小さな複合遊具も

ちょっと離れた場所には幼児専用の小型遊具もあります。

すべり台も小さく、全体的に低いので安心して見てられますが、それよりも下の砂場が楽しい様です。

少し離れた場所には健康器具も

いやいや子どもだけでなく、大人やご年配でも楽しく利用できます。

どこの公園にも増えてきましたね。

子どもだけの公園ではありません。

森づくりセンターにはトイレも完備

センター内には綺麗に管理されたトイレが完備されています。

また周りでとれた木のみを使った工作や、魚の泳ぐ水槽が設置されていたり、写真が飾られていたりと憩いの場となっていて自販機もあるのでジュースやアイスも手に入ります。

まとめ

この規模の複合遊具はなかなか無いので、子どもも夢中で楽しめ広場もあるのでボール遊びなどもでき、ここだけで一日中遊ばせることができます。

ただテントを張る場合、杭を打つには地面がかなり硬いので、それだけは注意。でも遊具周りには日陰がないので夏場はテントが必須です。

芝生も広大で川もあり、視界は広くとても開放的で、遊具は指折りの規模と充実さ。

行かないという選択肢はありません。施設利用も無料ですしオススメですよ!

 

くらしをあげる、kuranでした。

◼︎ここまで大きな遊具はなかなかない◼︎